第1章 BPMNで業務フローを描いてみよう

業務フローを描くために、まずは理解すべきことを解説します。
最初にBPMNで描いた業務フローの読み方を確認しながら基本的なBPMN用語を覚えます。
次に「3種類の矢印を使い分ける」と「階層的な整理ができる」というBPMNの2つの特徴について学びます。それらをうまく使いこなすと使い勝手が良い業務フローを描くことができる、とても重要な特徴です。
さらに、業務フロー活用の一例として問題発見や改善策検討を題材に「単に作業の流れを描くだけでなく、業務フローをわかりやすく飾ることが大切だ」ということを実感していきます。
最後には、業務フロー可視化チームの約束事「BPMN記述標準」の必要性を確認しながら、より良い業務フローを描くために意識すべきことを確認していきます。

タイトルとURLをコピーしました