雑感

その他

BPMN記述支援サービスをはじめました

BPMコンソーシアムの新サービス「BPMN記述支援サービス」の講師を担当することになりました。受講者が作成した業務フローをWeb会議形式でレビューするサービスです。業務フローを学ぶ近道は、やはり手を動かして描いてみることです。でも、何が正...
ISO19510

BPMNポスター

英語ですがBPMNポスター(ここをクリック)を見つけました。 十数年前にとても似たようなポスターを作成し、有償セミナーの受講者に配布していたことを思い出しました。大きなポスターサイズで壁に貼っても見やすくて、とても評判が良かったと記...
その他

フォーラムを新たに開設しました

最近、お問い合わせにおいてBPMN仕様に関するご質問が続いて届きました。メールにてQ&Aのやり取りをする中で、同じ疑問を持っている方もいるのだろう、Q&A内容を共有した方が良いのではないか、という気持ちになりました。 ...
ISO19510

BPMNとは

BPMNとは、 Business Process Model and Notation (ビジネス・プロセス・モデルと表記法)の略称です。 現バージョンは2.0ですが、1.xの時は Business Process Modeling N...
BPM

ビジネスプロセス改善と作業改善の違い(8)

今まで見てきたことをまとめると、ビジネスプロセス改善とは次の4つの視点で変えることだと思います。 部門(や職務)の役割分担を変える部門間(や職務間)のハンドオフの効率化を図る管理者のかかわり方を変える人の代替としてITを活用する ...
BPM

ビジネスプロセス改善と作業改善の違い(7)

チェックと管理を減らす チェックや管理をまとめたり先延ばしにしたりすることで、仕事のスピードを速めるとともに管理コストを抑えます。 下の図では発注前に必ず実施していた管理者のチェックを無くし、そのかわり後で定期的な監査としてチ...
BPM

ビジネスプロセス改善と作業改善の違い(6)

仕事の集権化と分散化を組み合わせる 集権化では、まとめることにより規模の利益を得ることができます。分散化では、柔軟で、きめ細かい対応が可能になります。でも、1つのプロセスで集権化と分散化を同居させのは難しいとされていました。それが情...
BPM

ビジネスプロセス改善と作業改善の違い(5)

案件を区分し、複数のプロセスパターンを用意する 1つのやり方で全てをこなそうとすると、特別や例外に対処する必要が生じてしまい、プロセスが複雑になることがあります。そのような場合は、ケース分けをして整理することで仕事を効率的にこなせる...
BPM

ビジネスプロセス改善と作業改善の違い(4)

プロセス内のステップを、自然な順序で行う 次に紹介する「リエンジニアリング後のビジネスプロセスに見出すことができる共通点」は、ステップ(作業)を自然な順序で行うという見直しです。自然な順序とは、作業を着手できるタイミングでさっさと始...
BPM

ビジネスプロセス改善と作業改善の違い(3)

複数の仕事を1つにまとめる 最初に紹介する「リエンジニアリング後のビジネスプロセスに見出すことができる共通点」は、仕事を1つにまとめるという見直しです。まとめるといっても同時に実施することで効率化を図るのではなく、 複数部門にまたが...
BPM

ビジネスプロセス改善と作業改善の違い(2)

前回紹介した書籍「リエンジニアリング革命」では、ビジネスプロセスを「職能部門の壁を越えて」、「最終的に顧客に対する価値を生み出す一連の活動」と定義しています。でも、まだ概念的であり少し漠然としていますよね。そこで、同書の「リエンジニアリン...
BPM

ビジネスプロセス改善と作業改善の違い(1)

ビジネスプロセス改善と作業改善は別物だと考えると、今まで改善できなかったことが改善できるのではないかと考えています。「RPAを導入して作業を自動化する」といったような作業改善の取り組みは、比較的に問題を見つけやすく改善もしやすいものです。...
タイトルとURLをコピーしました