BPMNセミナー

6/25のセミナーには5名の方に参加いただきました

6/25のセミナーも無事終了しました。Web会議形式で5名の方に参加いただきました。当初は会場でも1名の方に受講いただく予定でしたが、残念ながら急遽不参加となってしまいました。最近Web会議形式ばかりで、セミナーに対する反応を肌で感じることができていなかったので、とても楽しみにしていたのですが、、、新型コロナを気にせずに会場にご参集いただける日がくることを、首を長くして待っています。次回は9月を予定しています。
BPMNセミナー

【お知らせ】BPMNセミナー開催

BPMN『記述標準』活用セミナーの第2回を6/25(木)に開催することになりました。WEB会議システムにも対応していますので、 自社・自宅での受講もOKです。 詳しくはBPMコンソーシアムのセミナー開催案内(ここをクリック)をご確認ください。
業務フロー物語

【連載】業務フロー物語(2)業務の全体像を捉える

※諸事情により本連載は中止となりました。 業務改善ワークショップの第1週です。業務の全体像を把握することから始めます。細かいことを気にし過ぎると全体が見えなくなるので、ハンドオフの視点を中心にヒアリングを進めようとしています。人と人がやり取りする様子を確認しながら、業務プロセスにおける各員の役割を把握しようとしています。 対象プロセスにわかりやすい名前をつけるとすると、何がよいですか? 「製品サポート依頼対応プロセス」でよいと思います このプロセスは何をキッカケに始まりますか?誰が最初に動きますか? プロセスが始まるキッカケから始めて、順を追ってハ...
業務フロー物語

【連載】業務フロー物語(1)プロローグ:ハンドオフ分析のすすめ

※諸事情により本連載は中止となりました。 はじめてBPMNに触れたのはBPMN仕様書の初版が公開された2004年。その翻訳版を日本で公開することにかかわったのが最初です。それから16年の間、セミナーの講師をしたり雑誌に寄稿したり、BPMNの啓蒙に努めてきました。でも、実は啓蒙していたのはBPMNではなくハンドオフ分析の方がメインだったと思っています。 ハンドオフ分析とは筆者が勝手に付けた名称ですが、ハンドオフという言葉は業務プロセス界隈ではよく使われています。はじめて目にしたのは次の書籍です。 Workflow Modeling: Tools for Process Im...
BPMNセミナー

3/17のセミナーには6名の方に参加いただきました

3/17のセミナーには6名の方に参加いただきました。新型コロナの影響か、全員Web会議による参加でした。アンケートのご回答を参考にテキストを改訂して、次回は6月か7月に実施しようと思っています。手を動かして業務フローを描く演習の時間を多くとっているのですが、少し難易度が高かったようです。達成感を感じながら学べる演習を目指して改善を図りたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました