匿名でもOKです。フォーラムやコメントへの投稿をお願いします。

返信先: BPMNで描いた業務フローでのシーケンスフローの解釈

ホーム フォーラム 雑談(業務フロー全般) BPMNで描いた業務フローでのシーケンスフローの解釈 返信先: BPMNで描いた業務フローでのシーケンスフローの解釈

#1940
webmasterwebmaster
キーマスター

とても幅広く深い話題で、返信が難しいのですが、参考となりそうなことを羅列します。参考となることを見つけてもらえれば幸いです。

どこまでBPMNで描き込むか(「原則」あるいは「すべて」)は、BPMN仕様では定められていない業務フローを描く人が決めることになります。
それは業務フローの描く目的に合わせて、適切に判断することだと思います。
まずは原則を理解してもらうことを目的にした業務マニュアルでは「原則」だけで十分で、BPMSでアサインを自動化するための業務フローは「起こりうる現象をすべて」を描くことになります。

次に、デジタルプロセスにするための業務フローを描く場合ですが、どこまでITでデジタル化するかの整理が大切だと思います。
例えば、人が行うアクティビティの「中断」や「手戻り」について触れられていますが、それらもITで制御するものと、人が判断して中断や手戻りをしながら進めた結果をITの登録画面で登録するものがあります。
前者は「すべて」を業務フローで描き込み、後者は描き込みが必須ではないものです。

さらに、BPMSを使う場合で、かつ人が行うアクティビティをITで制御するものがあった場合についてです。そのような場合は、BPMSで人のアサインを自動化するための業務フローと、アサインされた人がITでの制御を利用しながら進めるフローは、別物と考えるべきだと思います。
シーケンスフローを「青」と「赤」で色分けするより、本サイトのBPMN業務フロー入門の第3回で記述したように階層化で分けることをお勧めしています。

最後にシーケンスフローの「青」と「赤」での色わけですが、レーンをまたぐフローが「青」、またがないフローが「赤」となるように思います。それならば「またぐ」と「またがない」で区別できるので、「青」と「赤」の色分けを別の視点で利用した方が良いように感じます。

タイトルとURLをコピーしました